先生

不妊の原因となる子宮筋腫を治療しよう|早めの治療が肝心

カルシウムを摂取する方法

笑顔の夫婦

妊婦にとって欠かせない栄養素の一つにカルシウムがあります。カルシウムは胎児の骨や歯を作るのに需要な役割を果たします。妊婦は摂取したカルシウムが胎児に吸収されるのでどうしても不足しがちです。カルシウム不足になると骨折しやすくなったり、病気になりやすくなったりしてしまうので、積極的に摂取する必要があります。

カルシウムを大量に摂取するには牛乳を飲むのが一番ですが、体質によっては牛乳を飲むとお腹が痛くなってしまう人もいます。そんな人は別の食品からカルシウムを摂取するようにしましょう。牛乳以外にカルシウムが豊富に含まれている食品はたくさんあります。チーズやヨーグルトなどの乳製品や豆腐などの大豆製品はカルシウムを多く含んでいます。また、骨ごと食べることができる小魚類もカルシウムの摂取に最適です。単体ではたくさん食べられないものでも料理に加えることで食べやすくなります。妊婦はできるだけ多くのカルシウムを摂取しなければならないので、毎日の食事をアレンジしてみましょう。

妊娠初期は胎児の脳や心臓が作られる期間なので、カルシウム不足には特に気を付けなければなりません。しかし、妊婦の中にはつわりのひどい人もいるのであまり食べられないかもしれません。その場合はサプリメントで手軽に摂取すると良いでしょう。サプリメントは手軽に摂取できる便利なアイテムですが、それゆえ摂取しすぎてしまうこともあります。カルシウムの過剰摂取は逆に悪影響をもたらしてしまうので、サプリメントで摂取する際は、用法・用量をしっかりと守ることが大切です。