先生

不妊の原因となる子宮筋腫を治療しよう|早めの治療が肝心

産婦人科での受診の流れ

看護師

産婦人科では具体的にどんな治療を行なうのかご存じでしょうか。産婦人科とは産科と婦人科をまとめた病院のことをいいます。そのため妊娠前の検査や不妊治療、そして妊娠中の検査や出産に関わることを行ないます。大阪の産婦人科を受診する際は、まず最初に問診票に記入をします。生理周期や持病、喫煙の有無などについての記入が必要になります。妊娠しているかどうかの検査をする場合は最後に生理があった日付が重要になってくるので、生理周期は記録するようにして正確に把握できるようにしておきましょう。問診票の記入が終わったら、尿検査や触診・内診・超音波検査などを行ないます。

大阪には多くの産婦人科があります。初めて大阪の産婦人科を受診するという人は、まず病院選びが重要になります。大阪の産婦人科はそれぞれ方針などが異なるので、自分に合っている病院を探すようにしましょう。通う産婦人科が決まったら、予約の方法を調べましょう。産婦人科ごとに予約の方法は異なります。インターネットで予約できる病院もあれば、初回は予約なしで行ける病院もあります。病院のホームページなどをチェックして、分からない場合は病院に直接問い合わせて確認しましょう。

産婦人科に受診しに行く時には、健康保険証や生理周期・基礎体温などのメモ、紹介状などを持って行く必要があります。場合によっては内診の時に出血することがあるので、心配であれば生理用のナプキンを持参すると良いでしょう。